フォーダッシュについて

フォー ダッシュの有効成分は、厚労省 およびアメリカ合衆国FDA (食品・医薬品局)で認定されている食品脂肪酸と食品乳化剤を主な原材料としています。安全性が高く、取り扱いやすいため、フォーダッシュは病院、 学校、工場、公共施設など、あらゆるところでその効力を発揮します。 安全性だけでなく99.999999%不活性化のデータを日本(北里環境科学センター、衛生微生物研究セン ターなど)アメリカでは世界一厳しい米国-- 公式分析化学協会の「AOAC基準」に基づく試験により、ウイルス、細菌の不活性化を実証済みです。




フォーダッシュの効果 1
高水準な菌・ウイルスの不活性効果 13種類のウイルス、10種以上の菌で効果を確認 ⇒詳細は下記に掲載
フォーダッシュの効果 2 
消臭効果 ニオイの元の周辺の菌を制圧することにより、ニオイを立ちにくくし、フォーダッシュの成分によるマスキング効果でニオイを低減化     
⇒東日本大震災の時、NPO法人を通じ、当初除菌用にと寄付したフォーダッシュだが、港に打ち上げられた莫大な数の腐敗した魚の匂い消し に使用され、絶大な効果が発揮された。

効果が実証されている菌
ウイルス種(13種)ウイルス種(13種)
・弱毒性豚インフルエンザH1N1・強毒性鳥インフルエンザH5N1 ・強毒性鳥インフルエンザH5N3 ・弱毒性鳥インフルエンザH9N2 ・インフルエンザA型 ・SARSウイルス ・HIV(エイズ)ウイルス ・HSV(ヘルペス)ウイルス ・ノロウイルス ・ネコカリシウイルス ・ロタウイルス ・アヒルB型肝炎ウイルス  (B型肝炎ウイルス代替ウイルス) ・BVDV=ウイルス性下痢ウイルス  (C型肝炎ウイルス代替ウイルス)
菌種(8種)
・カンピロバクター ・黄色ブドウ球菌 ・サルモネラ菌 ・大腸菌 ・緑膿菌 ・萌芽菌 (枯草菌) ・レジオネラ菌 ・真菌(黒カビ、クロコウジカビ、アオカビ、ツチアオカビ、カンジダ)